キシリトールを取り入れてむし歯菌を減らそう!!

こんにちは。hiyokoです。

今回は、歯を強くするキシリトールについてご紹介します。

「キシリトール」って歯に良いものっていうのは知られていますよね。

でも実際にキシリトールを取り入れている人って少なかったりします。

キシリトールについて興味はあるけれども、どのように取り入れたらよいかわからない人もいるのではないでしょうか。

キシリトールの働きを知れば、取り入れたくなる事間違いなしです!

今回は歯科衛生士の資格を持つhiyokoが、キシリトールについて簡潔にわかりやすく紹介していきます!

お勧めのキシリトールも紹介しますので是非参考にしてみて下さい。

hiyoko

むし歯予防には正しい歯磨きが出来ている事が一番です!
キシリトールをプラスするによって、むし歯予防効果がアップします!!

スポンサーサイト

目次

キシリトールを取り入れてむし歯菌を減らそう!!

歯の質を弱める悪い習慣していませんか?

hiyoko

次のような習慣がある人は、歯の質が弱くなっている可能性があります。

  • 歯磨きは1日1回以下

歯磨きの回数が少ないと、むし歯菌(プラーク)がお口の中でどんどん増殖していくのでむし歯になるリスクが上がります。

この場合、むし歯リスクだけでなく歯周病リスクも上がりますので、歯磨き習慣はしっかりと身につけましょう。

  • 間食や食事をだらだら食べることが多い

間食や食事をだらだらと食べていると、口の中がずっと酸性に傾いたままで歯が溶けていきます。

間食は適量を時間を決めて食べるようにしましょう。

  • 甘いものや酸っぱいものをよく食べる

甘いものはむし歯菌が餌にするので、むし歯菌の増殖に繋がります。

また酸っぱいものばかり好んでいる人も口の中が酸性に傾いている時間が長くなるので歯が溶けていきます。

hiyoko

甘いものや酸っぱいものは食べる量と時間を考えて摂るようにしましょう。
歯の質が弱い人は「お口の中が酸性に傾いている時間が長い人」が多いです!

「キシリトール」ってどんなの?

キシリトールは、果物や野菜などに含まれる天然素材の甘味料です。

砂糖と同じような甘さなので甘味料としても使用されています。

hiyoko

キシリトールは歯に良いものっていうのは知られていますが、実際キシリトールって歯にどんな働きをするのかお伝えします。

キシリトールの働き

  • 酸を作らない=むし歯の原因にならない

通常、むし歯菌であるミュータンス菌はショ糖を分解して「酸」を作り出します。

しかし、キシリトールはミュータンス菌が分解することが出来ない独特の構造なので、「酸」は作られることはなく、ミュータンス菌が少なくなっていきます。

その結果ミュータンス菌が少なくなることで、むし歯になりにくい環境が整っていきます。

  • 唾液の分泌を促進する

キシリトールの甘さにより、唾液の分泌が促進されミュータンス菌の出した「酸」を中和する働きが高まります。

  • 歯の再石灰化の促進

キシリトールは、「酸」によって溶けだしたカルシウムと結びついてエナメル質の再石灰化を促します。

再石灰化が促されると歯の質がどんどん強くなっていきます!

hiyoko

更にキシリトールを摂っている人は、プラークのベタベタした質感がなくなってきて、歯に付着しにくくなってきます!!

キシリトールの副作用

キシリトールは腸で吸収されにくい為、大量に摂取すると下痢になる可能性があります。

過剰摂取にならないようにしましょう。

キシリトールの効果的な摂り方

キシリトールの商品にはタブレットとガムとあります。

口の中に長時間留めておくことと唾液分泌促進の効果を考えるとお勧めはガムです。

小さなお子様には、タブレットがおススメです!

  • 1日3回を目安に摂取しましょう。
  • 毎食後に1回5~10分以上噛み続けて下さい。

2週間以上キシリトールを摂り続けると、ミュータンス菌が少なくなってくると言われています。

更に、むし歯リスクが低いといわれるレベルになるには約3カ月キシリトールを摂り続けると良いです。

hiyoko

キシリトールをお口全体すみずみにいきわたらせるように意識して摂取してください。

スポンサーサイト

歯科衛生士お勧めのキシリトール

お勧めのキシリトールはキシリトールが50%以上含まれているものです。

キシリトールの含有率は下の式に当てはめると計算できます。

キシリトール(g)÷炭水化物(g)×100

hiyoko

スーパーやコンビニなどで売られている商品には、「むし歯予防」と書いてあってもその効果が疑われるものもありますので、キシリトールの数値には注意が必要です!
歯科医院専売のキシリトールはキシリトール100%になりますので、歯磨き後に食べても安心です!

\キシリトール100%のガムはコチラ/

\お子様(2歳ごろから)向けキシリトール100%タブレットはコチラ/

まとめ

今回はキシリトールについてお伝えしました。

キシリトールの働きを知ると、取り入れたくなりませんか?

まずは3ヶ月続けてみて下さい。

あなたのお口の環境が変わったことに気付くと思います。

子どもから大人までむし歯のない良い口腔環境に近づく良いアイテムですので、ぜひ取り入れましょう!!

もちろん、キシリトールだけではむし歯の予防はできません。

正しい歯磨きと、定期的な歯のメンテナンスが大切ですよ!

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よかったらシェアしてね!
目次